0153907

*注意*
投稿できない場合はタイトル欄、コメント欄に日本語で適当な文章を入力して下さい。
同一シリーズで連続投稿する場合は返信をご利用下さい。
連続投稿制限は30秒です。。

upbbs.net@画像1MB


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
コメント内には下記と同じURLを書き込まないで下さい
URL
添付File  (1MBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

ネパールの子どもたちと 投稿者: 投稿日:2019/07/05(Fri) 08:47:07 No.30772   <HOME>
森本様

昨夜、お電話をさせていただきました馬場です。
世界中の絵を描くよろこびを知らない子どもたち、絵を描く環境にない子どもたちに、日本から画材を持ち込み、そのよろこびを分かち合うプロジェクト「描くよろこびは国境を超えて」を行うNPO をさせていただいております。
ぜひネパールの子どもたちと絵を描くよろこびを分かち合いたいと思っています。
どうぞどうぞ宜しくお願い致します。

投稿者  暗証キー


ネパールの子どもたち 投稿者: 投稿日:2019/06/27(Thu) 08:39:46 No.30771   <HOME>
おはようございます。

突然ご連絡させていただき、申し訳ございません。
私、大坪さんからご紹介いただきました馬場多絵と申します。
絵描きとして、香里園にあるアトリエで子どもたちに絵を教えたり、絵本を描いたりする仕事をさせていただいております。
実は私の両親も絵描きで、子どもの時から絵を描くよろこびだけは教えてくれました。
もう・・・絵を描くことが大好きで大好きで。
でも、この地球の上には、絵を描くよろこびを知らない子どもたちや、絵を描きたくても描ける環境にない子どもたちがたくさんいます。
その子どもたちに、絵を描くよろこびをどうしてもどうしても伝えたくなり、10年ほど前に「描くよろこびは国境を越えて」というプロジェクトを行うNPOを始めさせていただきました。
日本からたくさんの画材を持ち込んで、絵を描く環境にない子どもたちと一緒に「絵を描くよろこび」を分かち合う。という活動です。
今までは、ベトナムの孤児院、ラオスの障害者施設、フィンランドの障害者居住施設・小学校、カンボジアの貧困地区、フィリピン・セブ島のスラム街・ゴミ山で暮らす子どもたち、マレーシアの孤児院などでアートワークショップを開催させていただきました。

先日、大坪さんから森本様の素晴らしすぎるご活動のお話をお聞きし、感動しました。
どうか、ネパールの子どもたちと一緒に「絵を描くよろこび」を分かち合いに行かせていただけませんでしょうか。

どうぞどうぞ宜しくお願い致します。

投稿者  暗証キー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -
Modified by isso